お葬式 服装

 

お葬式は、一般的にブラックフォーマル(喪服)と呼ばれる黒一色の光沢のないワンピースやアンサンブル、スーツなどの服装で参列します。

 

 

襟が開きすぎていないデザインで、スーツの場合はブラウスも黒に。

 

バックは、シンプルで光る素材や金具がついていないものを選びましょう。
爬虫類革製のものは避けます。

 

靴は、飾りや光沢のない黒のパンプス。
バックと同様に、爬虫類革製のものを避けるように。
ストッキングも黒。
黒であってもカジュアルな印象を与えないよう厚手のタイツや柄入りのものは着用しません。

 

アクセサリーは白か黒の真珠、またはオニキスなどの黒いものなら構いません。
不幸が重なることを連想させるので、二重三重のネックレスでなく一連のものを身につけます。
結婚指輪はつけたままでよいとされています。

 

小物類は忘れがちですが、ハンカチは黒または無地の白を使いましょう。

 

 

雨の日も注意が必要です。
ない場合は透明の傘でも構いませんが、できれば黒またはグレーや紺など地味な色で無地のものを用意しておくと突然の時、安心です。

 

お辞儀をする場面も多いので、長い髪はまとめておきます。
髪飾りをつける場合は、黒で光沢のないものを選びましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ