お布施 マナー

 

お寺へ払うお布施は本来、仏様へ布施をさせていただく行為として宗教的な意味合いを持ちます。
一般の商取引と違って、支払う側が下手に出て、もらっていただくという態度をとらなければなりません。
お布施を渡すべき行事や金額は、地域により相場が異なります。
一般的にはお寺の和尚さんになんらかの宗教的行為をしていただいたら、そのつど、それなりの金額を渡すのが妥当です。
枕経を読んでもらったり、お通夜に来ていただいたりするごとに、相応の金額を包んで事後に和尚さんに直接手渡します。
お寺の維持もお金がかかるので、お寺側としてはできるだけ多くの金額を包んでもらった方がありがたいのは事実ですが、支払う側にも事情があります。
お金の無い時には無理をせず、地域の相場よりも低い金額でもいっこうにかまいません。
いつの日か、お金に余裕が出ることがあったならば、何らかの機会にお寺に対して過分のお布施をすればよいことです。
お布施は義務的なものではなく、あくまでも仏様に対する個人の宗教的な態度を示すものです。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ